レビュー

ネスカフェ『ドルチェグスト』が期待以上に気に入ったのでレビュー

こんにちは。YOPIです!

今回、ついに!ずっと前から欲しかったネスカフェ『ドルチェグスト』購入したのですが、「もっと早くに自宅用に購入しておけばよかった」とかなり気に入ってしまったので、レビューを兼ねてご紹介しようと思います。

それでは、早速レビューを紹介して行きます。

ネスカフェ『ドルチェグスト』と『バリスタ』

よくTVCMやお店で見かける「ネスカフェアンバサダ〜♪」で有名なネスレのコーヒーマシンなのですが、“ドルチェグスト” “バリスタ”2種類あります。

どちらも同じコーヒーマシンですが、そもそも全く異なる商品です。

・バリスタは『粉コーヒー』

・ドルチェグストは『カプセルコーヒー』

コーヒーの抽出方法が上記のように全く異なるため、どちらもブラックからカフェラテなど本格的で複数の種類のコーヒーを楽しむことが出来るコーヒーマシンなのですが、味わいと風味が大きく変わってきます。

実際、どっちがおすすめなの?

美味しいコーヒーマシンが2つ。。。では、どちらを購入すればいいの?ってなりますようね。笑

私も、コーヒーが大好きでよく飲むのですが、どちらを購入すればいいのか本当に悩みました。結論から言うと、私の場合は、『専用カプセルコーヒ』タイプのドルチェグストを選択しました。

スポンサーリンク

私が『ドルチェグスト』を選択した決め手

ドルチェグストの『専用カプセル』は1個ずつコーヒーが空気に触れないよう密閉されています。これが私が、ドルチェグストを選んだ一番の決め手となりました。

みなさんの中にも、コーヒが好きな方の中に、インスタントなどの詰め替え粉コーヒーをよく飲む方はいらっしゃいませんか?いらっしゃれば、きっと経験があると思うのですが、インスタントの詰め替えコーヒーが開封後、量が多くなかなか飲み切らず酸化してしまい、味が劣化してしまった。。。こんな苦い経験はありませんか?

詰め替え粉コーヒーの方が1杯あたりの単価も安く、お得にコーヒーを楽しむことができるのですが、過去に何度も酸化してしまい美味しくないコーヒーを経験してきた私は、コーヒーが空気に触れないよう密閉されているカプセルタイプを選びました。

1杯あたりの価格は、少しばかり上がるものの結果としては大正解であったと思っています。ドルチェグストは、1杯ずつカプセルから抽出するのでややコストは上がりますが、保存時には光や湿気をブロックして酸化を防ぎ、抽出時には新鮮な豆をマシンで蒸らし圧力をかけることによって、美味しい・至高の1杯を淹れることが出来るのがメリットであると思います。

価格と飲めるコーヒーの種類について比較

「いつでも美味しいコーヒーを気軽に飲みたい!」

そんな方にはドルチェグストをおすすめしますが、実際にはどれくらいの違いがあるのかまとめてみました。

『バリスタ』:約10種類のカフェメニュー・1杯あたり約20円

『ドルチェグスト』:15種類以上のカフェメニュー・1杯あたり約50円

「あれ?意外と価格の差がない?調べてみて、これが私の率直な感想でした。

コーヒー1杯あたりのコストにこだわってバリスタを選ぶのも、もちろんアリですが、せっかく自宅やオフィスにコーヒーマシンを置くなら、いつでも美味しいコーヒーを楽しみたいと思いませんか?

しかも、わざわざ高級なコーヒーマシンや豆を買わなくても1杯50円、1日に3杯飲んで150円だとしても、コンビニのボトルコーヒー1本分と考えれば安すぎるぐらいです。

普段、スタバやコンビニのコーヒーを購入する方にしたら、そこまで大きな差ではない金額でいつでも美味しいコーヒーが飲める、というのはかなり魅力的ではないでしょうか。

 

ネスカフェ『ドルチェグスト』レビュー:まとめ

以上、ネスカフェの『ドルチェグスト』を散々悩んだ末に購入したのでレビューしました。結果的には「もっと早く買えば良かったー。」と素直に思うほど、おすすめです。

特に、コーヒーが好きで普段飲む方で、味にこだわるなら間違いなく『ドルチェグスト』推しです。もちろん、『バリスタ』も格安でお手軽にコーヒーが飲めるので、バリスタとドルチェグストを比較した上で、みなさんの好みで選んでみて下さいね。

スポンサーリンク