レビュー

【参考】自分に合った美味しいコーヒーの選び方とポイント

こんにちは。YOPIです。今日も大好きなコーヒーを飲みながら、ブログを更新しています。淹れたてのブラックコーヒーの香りが堪らず大好きです。

今回は「おいしいコーヒーについて」お話したいと思います。コーヒーについて、使用する水やコーヒーの淹れ方、フィルターやドリッパーとか、色々とこだわりのポイントがあるかと思います。しかし、意外なことに、実際にはそれらがコーヒーの味に及ぼす影響は、ほんの少しであると言われています。使用する水やコーヒーの淹れ方より、何よりおいしいコーヒーの鍵を握っているのは、コーヒー豆そのものなのだそうです。

でも、、、コーヒー豆って種類もたくさんあるし、焙煎度合いとか挽き方とか、「どうやって自分に合ったコーヒー豆を選んだらいいか分からない」という方も多いと思います。
もちろん私もその一人です。

そこで、今回はコーヒーにあまり詳しくない。だけど美味しいコーヒーを飲みたい。そんなあなたへ、自分に合ったコーヒーを選ぶポイントについてご紹介します。

コーヒーの品種って何があるの?

調べてみたところ、コーヒーの品種は「コーヒーの3大種」と呼ばれていて大きく分けて3つあるそうです。もっとたくさん品種が細かくあると思っていたので、意外でした。

【コーヒーの品種について】

1つ目の品種はアラビカ種。
酸味が強く、花のような甘い香りが特徴です。

2つ目の品種はロブスタ種。
苦味が強くて渋みがあり、麦茶に似た香ばしいが香りが特徴です。

3つ目の品種はリベリカ種。
西アフリカが原産で、ごく一部の限られた地域でしか栽培されていない品種で、人によって好みが大きく分かれるそうです。

コーヒーの銘柄は何があるの?

そして、次にコーヒーの銘柄についてみていきましょう。

1. キリマンジェロ
その名の通り、アフリカ大陸最高峰の山、キリマンジャロのふもとで栽培されたコーヒーです。私は、コーヒーと言えば「キリマンジェロ」というイメージが強かったので、
みなさんもキリマンジェロは飲んだことがあるのではないでしょうか。

上質な酸味とコーヒーの苦味がバランスよく、雑味のない後味で飲みやすく、
焙煎方法によりさまざまな風味が楽しめるのが特徴です。

2. ブルーマウンテン
“コーヒーの王様”と称される「ブルーマウンテンコーヒー」です。
クセのない風味と口当りのよさ、のど越しのバランスが取れた味は日本人好みだと言われており、缶コーヒーやインスタントコーヒーでもよく飲まれる銘柄です。

3. ハワイ・コナ
ブルーマウンテンと並んで世界最高のコーヒーと称され、希少価値の高いコーヒーです。
気象性が高いため、価格は少し高めですが、酸味が特徴的で、
苦みが少なく甘い香りとすっきり爽やかな味わいが特徴です。

4. モカ
独特の強い酸味と、モカ特有のフルーティーな豊かな香りが特徴です。
最も古いコーヒー種であると言われており、日本人にも馴染み深く、人気の高い銘柄です。

5. コロンビア
芳醇な甘みや、やわらかな苦みとコクでフルーティーな味わいが特徴です。
私が思うに、バランスのいいマイルドなコーヒーかなと思います。
ナッツと非常に相性がいいので、コーヒーとナッツで優雅なコーヒータイムにオススメです。笑

6. マンデリン
強めの苦味が特徴的で、酸味が少なくほろ苦さのバランスが絶妙であると言われています。
個性的な味とエキゾチックな風味が特徴的なコーヒーです。

7. エメラルドマウンテン
缶コーヒーでも有名な通称「エメマン」ですね。
甘い香りとコクに、酸味と甘味がうまく調和した上品な味わいが特徴的です。

8. グァテマラ
甘い香りと少し強めの上品な酸味と、ほどよい苦味のバランスがいいコーヒーです。
グァテマラのコクと甘い香りを存分に楽しむなら、個人的にはストレートがおすすめですよ。

9. コスタリカ
芳醇な香りとしっかりとした苦味、控えめな酸味が特徴的です。
飲み終わった後の、フルーティーでさっぱりとした後味がクセになります。

10. コピ・ルアク
世界一高価で希少なコーヒーとして知られており、
ジャワ島やバリ島などのインドネシアの島々で生産されています。独特な香りが特徴的で、コーヒー特有の酸味や苦味が少なくさっぱりしていて飲みやすい味です。

。。。こんなにたくさん銘柄もあって、どれが自分に合うのかわからない。。。

スポンサーリンク

結局、どれを飲んだらいいの?そんなあなたへ

最初は、どれが自分に合うのか選ぶことが難しいと思いますので、王道から順番に飲み比べてみるのがオススメです。特に、クセがなくバランスが取れたブルーマウンテンは、味は日本人好みだと言われており、大変飲みやすいと思います。缶コーヒーやインスタントコーヒーでもよく飲まれているので、知らずと飲んでいるかもしれません。

ちなみに、私のお気に入りの銘柄は、キリマンジェロです。仕事先でコーヒー通の方からプレゼントしてもらったので、最近は、1日に1〜2杯は飲んでいます。

【飲み過ぎ注意】美味しいコーヒーの飲み方は?

自分に合ったコーヒーの選び方:まとめ

おいしいコーヒーの鍵を握っているのは、コーヒー豆そのものです。

コーヒー豆や銘柄は数多くありますが、どれが一番自分に合うかは、

やはり、実際に飲み比べてみるのが一番早い見極め方です。

特に、コーヒーの酸味が強いものが好きだったり、苦味やコクに重きをおくのか、選択の基準によっても自分に合うコーヒーが変わってくるので、最初のうちは有名や王道のものから飲み比べをしてみるのもオススメです。

ちなみに、自宅でお手軽にコーヒーを楽しむためにコーヒーマシーンを購入したら、コーヒーライフがより快適になったので、併せて一緒に読んでみてくださいね。

ネスカフェ『ドルチェグスト』が期待以上に気に入ったのでレビュー

みなさんにもお気に入りのコーヒーが見つかりますように ^_^

スポンサーリンク